年賀状

3連休ですが、バタバタしていてあまり落ち着きません。
今週末のうちに年賀状を送ってしまおうと思っていますが、まだ完了してません。

年賀状ソフト(筆まめ)を使って住所録管理、書面の印刷をしてますが、住所が変更になった人を更新したり、喪中の人を削除したり、新しい人を追加していたりすると意外に時間がかかります。
デザインも自分で作っています。
と言っても、フリー画像や自分で撮影した画像を組み合わせたり、切り取ったりするだけですけどね。

ネットが普及したおかげで、住所を知らなくてもたいていの人は連絡取れる状況になっています。
年賀状の数もどんどん減っていて、いまは仕事とプライベートあわせても50枚くらいでしょうか?
親しい人でも、あるいは親しい人ほど、住所を知らなくて、年賀状のやり取りをしていなかったりします。

リタイアしたら、いまほど人間関係を気にする必要はないし、儀礼的なことにこだわる必要もなくなります。
でも、年賀状を送り合うのはしばらく続けたいと思います。
むしろ、時間が出来るので、年賀状の送付はいまほど負担ではなくなるかもしれませんからね。

時間も手間もかかるけど、人間関係なんて基本はそういうもので、なかなか効率化できないものだと思います。
非効率だからと言って、積極的に切り捨てることもないと思います。
だから、僕は今後も年賀状を送りたいと思うんですよね。

一部の「先進的」な方々みたく、「年賀状は時間とお金の無駄!」みたいなこと言うつもりもありません。

海外の企業とやり取りしていても、クリスマスカードを送ってきたりしています。
日本だけがこういう非効率的な慣習を残しているわけでもないんですよね。

でも、グローバル化が進んだら、会社でのやり取りは年賀状ではなくて、クリスマスカードになったりするんでしょうか?
僕は、日本文化を尊重して年賀状で良いんじゃないかと思いますが。

ちなみに、年賀状はチケットショップで買っています。
ざっと探したところ、1枚46円が一番安かったです。
もっと安い場所はあるかもしれませんが、わざわざ探す方が効率悪いと思っています。

例えば、100枚送る人は、400円の節約になります。
近くにチケットショップのある人は、利用してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください