飲み会

5年ほど前に早期退職した元上司と飲みました。
彼は仕事もできて、評価も高かったのですが、根が自由人だったせいで、管理職には向かなかったようなんですよね。
で、ちょうどそんな時に、早期退職の募集があったんで、応募されたんですよね。

いまは、地方に移住して地方自治体の仕事をしています。
フリーエージェント的な契約なので、月2回くらいは東京に戻ってきて、別の仕事もしています。

収入がいくらかは聞いていませんが、別れた奥さんには慰謝料も払い続けられているようだし、東京のマンションも、売却したり人に貸したりはしないで、上京した際に戻っていたりしているので、生活としては十分成り立っているようです。
ただ、月に数日しか泊まらないマンションは人に貸したら良いのになあ・・・と思ったりはします。
金銭的な面では要領が良くない人なんですよね。

優秀なのでお金は稼げるんでしょうけどね。
そういうところでは、僕と性格は真逆なんですが、志向するところは似てますね。

彼曰く、「会社にいると気を遣うことが多すぎる。会社に迷惑をかけてはいけないとか、他の社員に迷惑がかかるとか思うと行動が制限されて窮屈だ」

会社員の頃も、あまり人に気を遣っている様子はなかったんですが、彼は彼なりに窮屈さは感じていたんでしょうね。

僕も、会社を辞める段階になって、これまでいかに制約が多かったかを思い知らされます。

時間は自由に使えないし、人との関係を気を遣う必要もあるし、服装にも気を配らないといけない。
事務作業や調整作業に時間を取られる。
会社以外のところで目立ったり、副業したりもなかなかできない。
etc.

「会社を辞めても、世の中に求められることをやって、人と関わりを持ち続けないと生きがいは得られないよ」と珍しく真っ当なことも言っていました。

たしかにそうなんですよね。
あまり働きたくはないけど、好きなことをやりなが、人々に認められたり、人々に必要とされたりすることは模索しないと、充実した人生は得られないかな・・・と思っています。

まあ、このブログを書いて、読んでくれている人が少なからずいるというのは、それだけでも励みになりますが。
もう一つ、直接人と会う形で、何かできればなあ・・・と思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください