飲み会

友達と忘年会しました。

会社員もいれば、自由人もいて、必ずしも世の中の「常識」にはとらわれない人たちです。

僕が会社を辞めて、アーリーリタイアするという話を切り出しました。
驚かれはしたけど、反対はされませんでした。
会社辞めた人も、たくさん出席していましたからね。

で、会社を辞めたことのある人たちが仰っていたのは・・・

「仕事をせず、世界中を旅していても、しばらくすると飽きてきて、働きたくなるよ」(現在、海外支援の仕事をやっている同世代の方)

「人に会わなくなるとボケるよ。俺はちょっと無理しても、仕事はして人に会うようにしてるよ」(セミリタイアに近い、年上のフリーの方)

そうなんですよねえ。

リタイアを前にした一番の不安と言えば、そこです。
お金の問題とか、肩書を失う不安とかは意外にないんですよね。

学生時代は人間嫌いで引き籠りがちでしたから、仕事しなくなってしまうと、ほとんど人に会わなくなるかもしれません。
平気と言えば平気なんですけど、社会とのかかわりを失い、どんどんボケて行かないか心配です。

僕は人の名前や顔を覚えるのが苦手で、仕事に支障がでてしまうこともたまにあります。
それがストレスにもなっているのですが、覚えようと努力することは、良い刺激になっているところもあると思います。

そういえば、認知症の祖母に手紙を書いたことがあるのですが、ちゃんと返事が来て驚きました。
老人ホームの介護士の人も、驚いていたそうです。
人と関わるということは、思いのほか刺激的で頭を使うんですよね。

英語を勉強していても思うのですが、自分一人で本を読んだり、テレビを見たりしていても、なかなか頭を使って考えません。
「これ、どう返事すればよいんだろう?」「こういうことを伝えたいけど、英語でなんて言うんだろう?」そんなことを必死で考えるのは、やはりストレスにはなりますが、とても良い勉強になります。

そういう機会は、いま以上に作っていかないとなぁ・・・
と思ってます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください