書類

本来であれば、すでに退職届を提出して有給休暇に入っている頃だったはずなのですが・・・

今日やっと、勤務先に早期退職の申請書を提出してきました。

というのも、これまで色々と紆余曲折があったんですよ。
別に勤務先と揉めたとか、そういうことでは全くありません。

仕事の環境が変わったり、実家の家族の状況が変わったりして、アーリーリタイアを延期しようかと考えていたんです。
なので、上司にも保留状態にしてもらっていたんですよね。

個人的な事情もあるので、詳しくは書きませんが。

結局、いろいろ悩んだ末に、当初の予定通り、早期退職することに決めました。
「当初の予定通り」というのは、当初の計画の最短スケジュールで・・・ということになります。

リアルの知人や、他の人のブログを見ていても、アーリーリタイアを考えても、なかなか退職できない人がいます。
僕自身、一旦、決心は固まったのに、外部環境の変化でその決心が揺らいだりしていたので、彼らの気持ちは良くわかります。

でも、いざ書類を出してみると、あっけなかったなあ・・・と思います。

以前、会社で理不尽なことがあった時、会社を本気で辞めようと思い、辞表を書いて、いつでも出せるように持ち歩いていたことがあります。
でも、後で知ったのですが、辞表って意思表示のためのものに過ぎず、実際に効力を持つものじゃないんですよね・・・

ふたたび人事部長に会いに行く

昔、ドラマを見ていて、主人公が上司に辞表を叩きつける、なんてシーンがありましたが、現実にはそんなことはありません。
上司にハンコ貰って、人事部に提出して終わり。
実に、静かで、あっけない手続きでした。

まあ、他人にとっても、会社にとっても、1人の社員が会社を辞めるなんて日常茶飯で、些細なことですからね。


2件のコメント


  1. ご退職(まだか先か)おめでとうございます。
    この1年間、万桜さんのブログを大変参考にさせて頂き、また勇気をもらってきました。
    退職後もブログを続けてくれるとありがたいです。

    あと、ふるさと納税の件ですが、私は会社員では無いのでシステムは良く分かりません。
    確定申告者の場合、寄付金という項目があり、他の控除(確定拠出型年金など)と同様に所得から割引出来ます。
    イメージとしては、「総所得」-「基礎控除+社会保険料+各種控除+寄付金」=実際に税がかかる金額
    私の場合、控除出来る項目が独身にしては沢山あるので、所得税はかなり少ないです(笑)

    返信
    • bucketlist

      ありがとうございます。
      サラリーマンの場合、いまは5件までは確定申告の必要なくなりました。
      ふるさと納税より、控除が多い方がお得ですからねぇ。
      ブログは退職後も続けるつもりです。
      というか、退職後が本番だと思っています。
      ブログからの収入を上げていきたいですしね。
      というわけで、今後ともよろしくお願いします。

      返信

馬三人 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください