老後

労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

「老後にいくら必要か?」というのは、「持ち家と賃貸どっちが得か?」「会社員とフリーランスではどっちが良いのか?」という議論にならんで、結論が出ない「神学論争」に発展しがちな案件です。

「老後の必要資金は夫婦で一億円」という風説(?)が流布してますが、こちらに関する新しい記事が出ました。

サラリーマンはそんな簡単に老後破産しない 「夫婦で老後1億円必要」は多すぎる

まあ、そうですよね。

過去にもこんな記事を書いてきましたが・・・

定年時に5000万円なんて必要ない

「老後に1億円必要」は本当か?

そもそも、「夫婦で老後1億円」というのは、
・年金も含めた金額である
・それなりに豊かな生活を送ることを前提としている

という前提があります。

で、色々と検証したのですが、そこそこの企業に定年まで勤めると、
・厚生年金と企業年金も加わり、年金がそこそこもらえる
・退職金がもらえる
ということになるので、最悪、貯金ゼロでもなんとかなるんじゃないかという気がします。
借金が残っていたり、浪費癖があったりするとこの限りではありませんが。

ただし、非正規雇用、自営業・フリーランスだったりすると、国民年金では十分じゃないので、足りない部分は自力でカバーる必要があります。
ただ、実家の家族や親戚を見ていても、その辺に関して思慮が浅く、ちゃんと資産形成できていない人が多いんですよね。

ちなみに、個人型確定拠出年金の掛金の限度額(月額)は、国民年金第1号被保険者の場合68,000円となります。
これをフルで掛けておけば、会社員でなくても、老後資金は十分カバーできるんじゃないかと思います。

逆に言うと、そういう風に社会制度が設計されているんですよね。
問題は、その社会制度を知らない人が多いし、知っていても使わない人が多いという点なんですけどね。

いずれにしても、サラリーマンと言うのは、自分で細かいことを考えなくても済むようにできているんですよねえ。
逆に言うと、会社を辞めると、自分で考えなければならないことが急増するということですが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください