物価

「社労士に相談してきた」シリーズ第3弾です。

↓ 過去2回はこちら ↓
社労士に相談してきた① 退職後の健康保険は国保か任意継続か?
社労士に相談してきた② 国民年金で得する方法

失業保険の受給についてです。
実際に受給するか、受給できるかは今後詰めていく必要がありますが、早期退職制度に応募すると、会社都合にしてくれるので、失業保険の受給が有利になります。
退職後7日の待機期間で受け取れるし、受給期間も僕の場合270日になります(年齢や勤務年数で異なる)。

前も書いたような気がしますが、株式の売却益や、配当金の収入があっても、普通に受給できます。
ブログの収入はどうかというと… OKのようです。
ネットオークションでの売買で収入があっても大丈夫とのことです。

社労士の方はそう仰っていましたが、ブログの収入があるせいで、失業保険が減額された方もいるようなんですよね。
ネットオークションにしても、転売して稼いだりしていると、NGになる可能性はあるんじゃないでしょうか?

受給の基準って、明確なものがあるわけではなく、地域や担当者によって判断が分かれるところが多々あるようです。
逆に言うと、こちらのモノの言い方によって条件が変わる可能性もあるということです。

そもそも、失業保険は「失業した人が、新たな仕事を見つけるのを支援するためのもの」のはずなので、それに反する人に金をばら撒くのは趣旨に反してるんですよね。

「金はたんまりあるし、もう働かなくても全然OKだけど、貰えるものは貰っとこう!!」みたいな人に支給する意味はないんですよね。

実際、あからさまにそういう態度を示した人がはねられたこともあるとか。
失業保険の受給に限らず、モノの言い方や態度は重要ですよねぇ。

過去の色々な相談体験シリーズはこちら!

ファイナンシャルプランナーに相談してみた① ~資産シミュレーション編~
ファイナンシャルプランナーに相談してみた② ~アーリーリタイアは可能なのか?編~
ファイナンシャルプランナーに相談してみた③ ~アーリーリタイア後の資産管理編~

別のファイナンシャルプランナーに相談してきた① ~アーリーリタイア編~
別のファイナンシャルプランナーに相談してきた② ~資産運用編~
別のファイナンシャルプランナーに相談してきた③ ~個人投資家はプロより優れているのか?&参考図書~

税理士に相談してみた① 退職金の節税はやはり難しい!?
税理士に相談してみた② 配当金と売却益の節税も難しい!?
税理士に相談してみた③ 会社を辞めたら個人事業主の申請をしよう
税理士に相談してみた④ リタイアしたら家族の被扶養者になろう!
税理士に相談してみた<番外編> 本当に親の被扶養者になるのか? 
税理士に相談してみた⑤ 法人化の是非について
税理士に相談してみた⑥ 相談の必要性と留意点


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください