労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

少し前(8月)に、マルナゲという個人事業主向けのキュレーションメディアがはじまりました。

マルナゲ

たまたま見つけたのですが、読んでいて、結構面白いです。

例えば、人気記事にランキングされている下記の2つ。

48歳のギター流しが語る! 夢で食べていく現実の厳しさ

新卒フリーランスだった3人に20年後の今を聞いてみた!

うーん。

成功しているフリーランサーに「会社に囚われる人生なんてバカらしいぜ! 会社員なんてみんな社畜だボケ!! フリーランス万歳!!!」
みたいなこと言われても、「たまたま成功しているからそう言えるんでしょ」と思えてしまうんですよね。

自分の(特殊な)経験だけから語られてもなあ・・・と思います。

でも、ここで紹介されている人たちは、普通の(?)フリーランスです。

僕の場合、「アーリーリタイアする」と言っても、「好きなことをやって稼ぐ」という道は完全にあきらめたわけでもなく、どういうやり方があるのか模索しているところです。

なので、こういう現実感のある人たちの声って参考になるんですよね。

座談会の「100グラム39円の鶏胸肉を買ってしのいだ」「春になると、野草を摘んで食べた」ってなかなかすごいですね(笑)。

僕の学生時代も似たようなものでしたが、フリーランスで不遇な時期はこういうこともあるのが普通じゃないかなあ・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください