労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

昨日の続きです。

「昨日」というのは下記の記事です。
税理士に相談してみた④ リタイアしたら家族の被扶養者になろう!

それ以前の記事は下記です。
税理士に相談してみた① 退職金の節税はやはり難しい!?
税理士に相談してみた② 配当金と売却益の節税も難しい!?
税理士に相談してみた③ 会社を辞めたら個人事業主の申請をしよう

「リタイア後に家族の被扶養者となる」という選択ですが、僕の場合はどうするのか?

僕の親は65歳を超えていますが、まだ働いています。
借金がちょっと残っているし、貯金もありません。
仕事を辞めると、年金だけで生活しなければなりません。

親が借金を延滞する

親は「仕事が好きだから、動けなくなるまで働き続ける」と言っています。

それは良いことですが、貯金はして欲しいなあ・・・と思います。

さて、そういうダメな親がいるわけですが、利用できるところは利用すればよいかと思うわけです。

親の被扶養者になって、親の税金を浮かせて、浮いた分は親に強制貯金させるという手もあると思います。

ちなみにですが、被扶養者に株の売却益があったとしても、それは臨時所得とみなされるので、被扶養者にはなれます。
配当金についても、申告しなければ大丈夫みたいです。

ただし世間的には「70歳近い親が40代無職・独身の息子を養っている」という見え方になります。

働いている親の金融資産はほぼゼロで、養われている無職の子供の資産が・・・という、実に不可思議な家庭が誕生します(笑)

田舎に帰ると、近所でいろいろ噂されるんでしょうねえ・・・

なので、被扶養者になったとしても、同居はできないかなあ・・・と思います。

ホンネを言うと、金銭感覚のない親とは距離を置きたいと思っています。
でも、いずれは否応なしに、家計は「連結決算」になるでしょうからね・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください