SBI証券 DC

アーリーリタイアへ向けて、いろいろとシミュレーションしていますが、現状では「無駄遣いはできないけど、破産もしない」という結果となっています。

別の視点から計算してみます。

平均的なサラリーマンの生涯賃金から逆算してみる・・・というやり方です。
サラリーマンの生涯賃金は、以前は平均3億円(大卒の場合)とか言われていました。
いまはもっと少ないと言われています。
2億円とも、2億5千万円とも言われています。

ここでは、2億5千万円としましょう。
25歳~65歳までの40年働くと仮定すると、年収は625万円となります。
平均より高い感じもしますが、退職金、企業年金、もろもろ含めるとこのくらいじゃないでしょうか?

で、これが全部懐に入るわけではありません。
所得税やら住民税やら、保険料やらが引かれます。
これも厳密に計算するのは難しいのですが、だいたい2割が引かれます。

なので、5000万円が引かれて、手取りは2億円。

45歳でリタイアするとなると、ちょうど半分の20年働いていることになるから、2で割って1億円。

残り20年で1億円稼ぐという計算とすると、45歳時点で1億円あれば、リタイアできるという計算になります(!?)

実は、この計算にはゴマカシがあります。
いや、ゴマカシはないのですが、抜けている視点があります。

  1. 老後のための貯金を考慮していない
  2. 昇給が考慮されていない

前者については、資産運用して貯めていただくということで(笑)
後者については、前半で1億円稼げているという時点で、もう十分じゃないでしょうか?(笑)

生活レベルを上げるとか、結婚や子供などのライフステージの変化を想定しなければ、2等分の計算で十分でしょう。

ピケティの公式

r(資本収益率)>g(経済成長率)

に照らすと、一定以上の金融資産があれば、働くよりも資産運用した方が儲かるってことになりますからね。
早めに資産を築いた者が勝ちです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください