有給休暇を取らない方は、連休も終わりですね。

さて、僕にとって、今回の休暇はこれまでと違った意味を持っています。
すなわち、リタイア生活の予行演習という意味です。
意図しているわけではないけど、必然的にそういう色彩を帯びています。

十分に時間があると「いつでもできるから」と、かえって何もしなくなりがちです。
東京に住んでいる人が「いつでも行けるから」と東京観光をしないのと同じことですね。

できるだけそうならないよう、ゆっくりと休みつつも、積極的に行動するよう心がけています。

本当は、時間もお金も少し足りないくらいが、一番有効に活用できる気がします。

お金に関しては、僕は独身でなおかつ倹約志向だから、働き続けている限り、お金に困ることはない。
十分にお金があると、それを「どう有意義に使おうか?」という発想にはなかなかなりません。
リタイアを考えるようになってから、真剣に考えるようになりましたけどね。

時間に関しても同様で、仕事がちょっと忙しいときの方が、生産性は高いし、プライベートも充実しています。
でも、時間については自分ではコントロールができにくい状況で、常に「全然足りていない」という状況です・・・

最近思うのは、人生というのは、お金、時間、体力(健康)、知力という、個々人に与えられたリソースを有効に活用して、幸福を実現するゲームではないかということです。
リソースは潤沢にあるに越したことはないけど、あればあるほど幸福が実現しやすくなるわけでもない。
そんなものではないと思います。

それでは、労働者のみなさま、お仕事頑張ってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です