会社用の腕時計の電池が切れました・・・

3年前に買ったものなので、良く持った方だと思います。
セイコーのクロノグラフ海外逆輸入版で、税抜価格7000円でした(笑)。
クロノグラフ
当時は円高だったため、安かったんですねえ。

「値段が安い割に、見かけは安っぽくないモノを」と思って探して、一番それに合っていたのがこの商品でした。

腕時計の話題は以前も書きました。
腕時計にいくら支払いますか? 僕は・・・

そこでも紹介したのですが、以前、こういう記事が出ていました。
上司「社会人ならローンで高級腕時計を買え!」 ネット民は「そんなこという会社はブラック」と反発

そこまでは行きませんが、10年ほど前に僕がドンキホーテで買った4000円ちょっとの時計を付けていると、先輩から「そんな安っぽい時計つけてるんじゃないよ!」と言われました。

「余計なお世話だ!」とも思うのですが、付けている時計で人の価値を値踏みする人も世の中には少なからずいるので、やむを得ないところもあります。

それで、僕の妥協点が7000円の腕時計と言うわけです(笑)。

さて、電池交換の話です。

時計の電池交換は色々なところでできるみたいですが、値段もバラバラみたいですね。
ヤマダ電機で株主優待使って交換するつもりが、自宅近くの店舗では交換はやってないと言われ、会社の近くの別店舗を案内されました。
そっちに電話してみると、「以前はやっていたけど、業態が変わったので今はやってない」という返事。

ネットで調べてみました。
安いものから順に言うと・・・

  1. 自分で交換する(100円くらい)
  2. 値段の安い店舗(420円と言うのもありましたが、自宅からも勤務地からも遠い)
  3. ホームセンター(数百円台後半くらい)
  4. 時計専門店や家電量販店(1000円~3000円くらい)

1はやり方が分からないし、壊れると嫌。
2~3は近くにない(都心はホームセンターはあまりないですよねえ)。
ということで、4を選択せざるを得ない。
ネットで調べたら、1080円均一(海外の高級時計を除く)で対応しているところがあったので、行ってきました。

すぐに対応してくれて、腕も確かでしたが、商品の7分の1の値段だと思うと、微妙なラインですね。
捨てて買い替えるという選択肢もあるし、もうすぐ会社とはオサラバだから、電池を変えずに捨ててしまうという選択肢もある。

プライベート用の時計はあるけど、サブとして持っておいても良いかと思ったので、電池交換を決意しました。
たかが1000円程度の出費のために、ここまで検討するのもわれながらセコいと思いますが

会社を辞めると、人からどう見られるかを気にする必要がなくなります。
気はラクですが、どんどん身なりを気にしなくなりそうで、自分でも怖いです


2件のコメント

  1. 私は・・・自分でやってます。

    裏蓋の開け方にいくつかパターンがありますが、インターネットを駆使すれば情報が得られますし、専用工具を使わずとも何とかなることがほとんどだと思います。
    ホームセンターのアルバイト店員でもできることですから、やろうと思ってやれないわけがないかと。

    返信
    • bucketlist

      ご指摘の通りなのですが・・・
      間違って壊したりしたら大変だなあ・・・と思って、リスクヘッジしました。
      手先の器用な人は良いのですが、僕の場合はちょっと不安がありますので。
      精密機械でなければ、自分で接着剤でくっつけたりして修理したりはするのですが、精密機械は使えなくなると困るので、それに対して対価を払っているという意識です。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください