仕事を辞めた後は、あまり働く気はないですが、好きなことをして多少なりとも収入を得る方法があれば、その活動をしたいと思います。

そんなわけで、下記の本を読みました。

貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する (橘玲 講談社+α文庫)

一言でいうと「会社に勤めず、フリーになった方が節税できるぞ!」という本です。

といっても、節税の指南書に留まらず、「会社に雇われずに自由に生きる」という大きな視野から書かれているので、凡百の節税本とはちょっと違います。

簡単に言ってしまうと、自分、あるいは家族を社員とするマイクロ法人を設立し、人件費や経費で赤字化しつつ、自分への給与は控除を使って、税金を最小化する・・・ということなんですよね。

タイトルの「貧乏人はお金持ち」というのは精神論ではなく、税務上の利益を最小化させる(貧乏になる)ことで、財務上の利益を最大化させる(お金持になる)ということを示しています。

でも、会社を辞めてもある程度稼げる人にとっては税金分が浮いてお金持になれると思いますが、そうでない人は節税分を除いても、手取り収益は下がる可能性もあるんじゃないかと思いますよ。

それはさておき、現在の僕にあてはめて考えてみましょう。

現在、配当金が年間150万円あるのですが、30万円は税金で引かれます。

例えば、アフィリエイトで年間10万円、ネットオークションやチケットショップへの売買で年間5万円の利益があるとします。
(まだそんなにありませんが、会社を辞めてそれに注力すれば、このくらいは比較的すぐに達成できると思う)

(個人ではなく)会社で株式投資をすると、会社員の場合と違って別の損益と合算できるんだろうです。
なので、これを会社で行います。

自分に役員報酬を支払い、通信料、サーバーレンタル代、備品代、書籍代当を支払い、赤字にします。
赤字なので、法人税は0円。
役員報酬を103万円以下に収めれば、所得税はかからないはず。

つまり、投資の配当金や売却益に関しては、法人として投資をして、赤字になっているので、税金は掛からない。
個人として投資をしていたら掛かっていた年間30万円の税金が消滅する!?

ということになります。

本当にこんなに都合よいことできるの??
と疑問になりますが・・・

どこかに穴があるのかもしれませんが、可能性があるならトライしてみても良いと思いますよ。
ブログの収益が上がったり、どこかのメディアで記事を書かせてもらって収益が上がったりすれば、もっと節税効果は高まりますからね。

いろいろと研究する価値はありそうです。

本書の単行本版が出たのが2009年ですが、本書の中に、すでにノマドワーカー的な生き方について書かれています。
海外投資しかり、永遠の旅行者(PT)しかりですが、改めて、橘玲さんという人は、時代の一歩先を捉えていると思います。
僕が「こういうことってあるのかな?」みたいなことをぼうっと考えていることを、すでに著書として具体化してしまっているという感じですよ。

しかも、書かれている内容もしっかりしているし、専門的なことを分かりやすく語るストーリーテラーとしての資質も備えている。
非常に頭が良い人なんでしょうねえ・・・
現代社会の貴重な書き手だと思います。


2件のコメント

  1. 馬三人

    私は橘玲氏の著書はほぼ全て読破しております。
    彼のおかげ?で独立自営(現在は法人化)しましたので、本書のスキームも理解しておりますが・・・
    全てその通りになるとも限らないのです(税務署が認めない可能性大)
    法人化すると、最低限の初期費用・維持費が掛かりますので、30万程度節税するつもりならば止めたほうが良いかも・・・

    返信
  2. bucketlist

    なるほど。そうですよねえ。
    会社を辞めた後、もっと稼げるようになったら、法人化を検討したいと思います・・・
    株の売却益もあったりしますが、まあそれは水モノですのでねえ・・・

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください