先日、金融機関のファイナンシャルプランナーに相談したという話を書きました。
金融機関勤務のファイナンシャルプランナーへの相談は有効か?

個人年金のプランを持ってきてくれました。
毎月一定額を積み立て、安定的に運用して、老後(60歳以降)に毎月一定額を受け取るプランです。
保険で運用した場合、所得控除が受けられるので、税制的には有利なんですよね。
言われることを鵜呑みにはしないし、良く考えてから判断するつもりではいますが、保険での資産運用も、本当にお得であれば視野に入れても良いかな・・・と思いました。
でも、会社辞めて無職になったら、所得控除は必要なくなるんですけどね。

「御社グループは保険以外にも色々な金融商品を販売されているんだから、保険以外の商品も含めて、最適なプランを提案されれば良いと思うんですが」

と言ったところ、

「自社の保険以外のものはご紹介できないんですよ」

とのお返事。

規制緩和で、金融商品の壁がなくなってきているのに、変ですよね。

まあ、僕がお得意様に対して、他社やグループ会社のサービスを紹介するかというと、基本はしないし、自分の売り上げにならないことは、仕事ではやりませんからね。
それを考えると、規制云々を抜いても、自社の商品しか紹介しないのは損得勘定から当然かもしれません。
でも、そうであれば、彼らはファイナンシャルプランナーの資格を持っていても、営業でしかないと思いますがね。

ただ、年金のシミュレーションをしてくれたのはありがたかったですね。
基礎年金だけだと、月額6.5万円程度しかもらえないとは元から知っていましたが・・・
企業で働いていた場合、厚生年金がこれに上乗せされるわけですが・・・
基礎年金よりは多くもらえそうです。

インフレリスクは分かりませんが、健康で地方(あるいは発展途上国)に住めば、細々と暮して行けなくもないかなあ・・・
というくらいの金額です。

相場次第ではありますが、アーリーリタイアしても大丈夫な気がしてきました。

それはさておき。
またもや投資用不動産の営業の電話がかかってきたので、前回と同様、ひたすらまくし立てて論破してしまいました。

投資用不動産の営業に応対する

「興味ありません」とだけ言って電話を切ればいいのですが、それでもやたらと電話がかかってくるので、業界のブラックリストに載せてもらえるなら載せてもらいたいんですよね。

キツイこと言い過ぎたかな・・・とちょっと反省。
最近の相場につられて、ココロも荒れてしまってるのかも。
自分では、(相場に対しては)至って冷静に対応しているつもりなんですけどね。

しかし、この世の中というのは、お金のある人から寄ってたかって奪おうとするんですよね。
「自分はもうからなくていいから、人をお金持ちにさせてあげたい」という、善意に満ちた人が寄ってきてくれないものだろう???

まあ、そういう人は、いたとしても、悪意に満ちた人に身ぐるみはがれて淘汰されていなくなってると思うのですが。

それはさておき。
われながら「僕は全ての企業にとって、不良顧客なんだろうな」と思います。

相手の時間を取らせても、お得だと思わなければ買わないし、買う場合は、一番お得なところから買うし、割り引きサービスがあれば必ず使うし、他社がお得だと思えばリピートせず、すぐにそっちに流れるし・・・

僕みたいな消費者しかいないと、世の中は停滞すると思います。
でも、性格だからしょうがない。


2件のコメント

  1. 馬三人

    やはり中立的な立場じゃないと本当に有効なプランを提案されることは難しいんですね。
    私も引退を決めたら一度きちんとしたFPにお願いしようかと思っていますが、その時はお金を払ってお願いしようと思っています。
    それと投資用不動産の営業から頻繁に電話がくるようになったということはぼちぼち逃げ場(価格下落リスクが高い)かな?とも思いました。
    不動産会社の在庫が積みあがっていると聞いてますし売るほうは必至なんでしょうね。

    返信
  2. bucketlist

    そうなんです。金融機関がやっている無料相談は、結局は自社の商品を紹介するためのものですから、根本的なライフプランを持ってきてはくれないんです。
    不動産の営業もそうなのですが、景気の後退を思わせるような出来事がいくつか見られてます。注意しておきたいと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください