労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

本日が仕事納めの方も多いのではないかと思います。

思えば、この1年間、毎日アーリーリタイアのことを考えながら仕事をしていました。

会社を辞めた後はどういう人生を過ごそうか?
死ぬまでお金が尽きないためには、どうやって資産運用すべきだろ?
etc.

仕事が嫌な訳ではないのですが、どうしてもリタイアのことを考えはじめると、頭から離れなくなるんですよね。

例えるなら、受験や就活の結果を待つ学生、海外留学を控えた学生の気持ちがずっと続いている感じでしょうか。

こういう状態って、良し悪しですね。

仕事で辛いことや嫌なことがあっても、「どうせ来年くらいには・・・」と思えば、受け入れることができます。
一方で、「何としてもやってやる!」という、頑張ったり、踏ん張ったりする気持ちが薄れてしまっています。

ブログを見ていると、20代や30代からアーリーリタイアを考えている人が散見されます。
僕としては、こういう状況が何年も続くのは耐え難いことです。
「あと1、2年で状況が変わる」と思うからやれることです。

人それぞれだし、余計なお世話かもしれませんが、アーリーリタイアまでに何年もある方で、いまの仕事に不満であるなら、転職なり、独立なりを薦めます。
貴重な若い日々を、何年もガマンしながら過ごすのってもったいないと思います。
よほどお金が稼げる仕事なら別ですけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください