老人

青山商事の希望退職者が募集の1.5倍だそうです。

「青山商事」希望退職に609人応募 募集の約1.5倍

たしかに、コロナでスーツ需要は減っているし、そもそも、そうでなくても市場が縮小していく中なので、未来が見えないですからねえ。

僕のまわりにも、仕事が減ったり、給料が減ったりして、悶々としている人がいます。

だから、応募するのも分からなくはありません。

これまでだったら、応募をしても、定員割れを起こすのが普通だったのですが・・・

ただ、いまの状況だと、転職するにしても、独立にしても、いばらの道ですからねえ。

タイタニック号が沈没しそうになっている時に、泥船に乗り移る・・・みたいなことにもなりかねないかもしれませんねぇ。

どっちを選んでも、沈むことには変わりない・・・みたいな。

そりゃ、いま好調なIT系企業とか、衛生関連のメーカーとかに転職できれば、需給も調整で来て良いんでしょうけど、必ずしも、そううまくはいきませんからねぇ。

僕のまわりにも、コロナ以降に独立した人が何人かいますけど、今後どうなるか、ちょっと心配だったりします。

基本は、会社を辞めることにも、独立することにもポジティブなんですが、いまの時期が悪すぎるのと、会社の状況が悪いからと言って、安易に会社を辞めてしまうのが良いのか、ちょっと疑問に思います。

資産が十分にあって、仕事もしなくても良いのであれば、「どんどん辞めなさい!」と言いますけどね・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください