沖縄ナガンヌ島

「一度は住んでみたいと思う都道府県ランキング」の結果が出ました。

一度は住んでみたいと思う都道府県ランキング! 1位は沖縄県、2位北海道、3位東京都! 一方、最下位には関西と中国地方の影の薄い県が…

一度は住んでみたいと思う都道府県ランキング

納得できる結果ですね。

注意すべき点は、「一度は住んでみたい」ということであって、「住んで良かった」でもなければ、「一生住み続けたい」でもないという点です。

東京都が意外に高いなあ・・・と思います。
回答者が、東京+東京近郊も含んでいることを考えれば、「東京に住んでみたい」と思う人はかなり多いんじゃないかと思います。

東京(およびその近郊)に住んでいる人は、自虐的な人が多いのか「東京は住みやすい」と思っていない人も多いし、メディアでは「都会から田舎に移住して、幸せを見つけた人」みたいな特集をしたりするので、都会に住んでいる人は地方に憧れたりします。

でも、実態は、地方から都会に出てくる人の方が圧倒的に多いわけで、その中でも、東京は最高の魅力を誇る都道府県と言えるでしょう。

さて、第1位に来ている沖縄ですが・・・
たしかに、冬は暖かいし、海はきれいだし、気軽にリゾート気分が味わえるし・・・と、言うのは事実です。

でも、そう思って移住した人は、失望するのも事実だと思うんですよねぇ。

例えば・・・

冬場暖かいのは事実ですが、天気が悪い日が多いんですよねぇ。
冬場に東京に行くと、寒いんですが、天気が良くて、沖縄より気分が良いことが多いです。
冬場に限らず、天気は不安定です。
毎日、青い空と青い海が楽しめるかというと、そうでもありません。

それに、那覇市内にいる限り、そんなにきれいな海が望めるみたいな場所はないですし、そもそも、しょっちゅう海に行くこともないので、イメージで移住してしまうと、失望するかもしれません。

記事にある通り、のんびりしているのはありますが、会社員はきっちり時間を守ることは求められるし、そもそも、沖縄県外から仕事を貰うとか、県外客を相手にする仕事をするのであれば(移住者の仕事はそういうのが多い)、「うちなー(沖縄)タイム」で行動するわけにもいきません。

逆に、転勤族で沖縄に赴任すると、地元の社員が思うように動いてくれなくて、ストレスが溜まることもあるし、地元の社員と摩擦が生まれることも多々あります。

そもそも、仕事を探すのが大変ですし、仕事が見つかっても給料はかなり安いとみてよいでしょう。

消費者としても、「本土基準」のサービスを求めると、イライラすることもあります。
例えば、スーパーのレジの効率が悪くて待ち時間が長いとか、飲食店で注文が通ってないことが多いとか、そう言うことが良く起きます。

セミリタイアしてのんびり過ごしたいのであれば、沖縄は良いところだと思いますけど、自分の性格や、人生に求めるものも考えて移住しないと足元をすくわれることになると思います。

北海道も同様だと思います。
食べ物は美味しいし、自然は豊かだし、地方都市にしては、外の人に対して寛容だし・・・というのはありますけど、冬の寒さを考えると、「移住したい」とは思いませんね。

季節の良い時に半年くらい長期滞在するならありかもしれませんけどね。

何だかんだ言って、お金が腐るほどあるなら、東京に住むのが一番良いかなあ・・・と思います。

都心でも混雑していない高級住宅街に住んで、行きたい場所があれば羽田や成田から好きな場所にヒューっと飛んでいけば良いですからね。

まあ、そんな生活ができる人はそうそういないわけですが。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください