飲み会

昨夜のことになりますが、東京に来たついでに、久々に旅仲間の友人と飲みました。
(コロナ拡大中で微妙なタイミングでしたが)

友人の1人は現在58歳の男性です。
彼は、あと2年で60歳になりますが、そこでリタイアする予定です。

もう1人は、50歳の会社員の男性です。

この2人がすごく対照的で面白かったんですよね。

前者の方は、定年の延長もできるのですが、「もう十分お金が貯まったし、別に仕事もやりたくないから、完全リタイアする」とのことです。
旅行はたくさんしていますが、それ以外はあまりお金を使わない人です。
配偶者もお子さんもいるのですが、両者ともにもう手はかからないし、持ち家もあって、しかもキャッシュで買ったそうです。

後者の方ですが、奥さんがいて共働きで、子供はいません。
いわゆる「DINKS」なんですが、夫婦ともにお金を使うタイプなので、貯金はほとんどない様子。
彼は「60歳でリタイアするなんで、僕には不可能」と言っていました。
彼はコスパにはかなり敏感で、お得な裏技を研究するのが好きなのですが、「高級ホテルに安く泊まる方法」、「ビジネスクラスやファーストクラスにお得に脳方法」みたいなことが専門です。
「セレブな生活を少ない出費で実現する」というのが得意で、高級ホテルに泊まったり、高級レストランでお得に食事したりしています。
それでも原資は結構かかってしまうので、結果的に手元に現金が残らないんですね。

僕自身は、前者の方に近く「お金を節約しても、自由に生きられるのであればそっちの方が良い」と考えています。

後者の「格安セレブ生活」みたいな人は、僕の友人に限らず、あまり僕の周囲にはいないタイプですし、実際にそういう人はさほど多くはない気がします。

セレブな生活をする人は、お金を使うことを気にしない人が多いですからねえ。

ただ、後者の彼の生き方を見ていると「お得なお金の使い方を追求する」ということはできても、「お金を使わず貯める」ということはできないんだろうなあ・・・と思います。

「お金を使うことが好きな人」というのは結構たくさんいて、そういう人はお金を得るために働き続けることは、別に厭わないんでしょうねぇ。

それはそれで、人生を謳歌できているから、悪い生き方ではないと思いますが、自分にはそういう生き方はできないなあ・・・と思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください