Go Toキャンペーンが東京が除外になってしまいましたねえ

いまさら辞めるわけにはいかないだろうし、経済への影響も考えると、何らかの形で実行をしなければならない政策だとは思います。

だから、妥当なところに落ち着いたのかなあ・・・とは思います。

ただ、こういう選択をしたらしたで、新たな問題が顕在化してしまいます。

  • 東京だけを差別するのか?
  • 千葉や神奈川は良いのか?(東京ディズニーランドは千葉にあるが…)
  • 大阪も感染拡大しているが、大阪も除外しなくて良いのか?
  • すでに予約してしまった人には補償するのか?

etc.

思えば、新型コロナ禍では、東京は受難の場所になってしまってるなあ・・・と思います。

人口も多く、人も密集している中で、3密状況を避けるのは難しいですし、自分がいくら注意していても、感染者数が増えればとばっちりを受けます。

自粛生活をしていても、同じ家賃でも都心に住むと、部屋は狭くなるし、防音も十分ではなくて、ストレスが溜まることが多いです。

僕自身、東京は好きですし、コロナ前は「もうそろそろ東京に戻っても良いかなあ」なんて思っていたのですが、いまはそれも保留になっています。

僕にとって、東京の魅力は、

  • 多種多様な人がいて、自分と価値観の合う人と付き合える
  • 美術館・博物館、劇場が充実していて、多種多様な文化に触れることができる
  • 世界各国の飲食店があるし、くつろげるカフェも至る所にあるし、欲しいものは(お金さえあれば)何でも揃う

というところなんですが、いまの東京は、一時的にそれも満たさなくなってしまっているんですよねえ。

コロナ前は2か月に1回くらいのペースで東京に行っていたものですが、いまは感染リスクを除いても、あまり行く気にならないんですよねえ。

一方で、沖縄に住んでいると、だいぶ快適です。
(基地や県外からの感染リスクが顕在化してはいますが)

特に、緊急事態宣言が解除されてからは、外出する機会も増えてきましたが、梅雨も明けたし、行楽もハイシーズンになって、かなり良い感じです。

リゾート地に行っても、観光客が少なくて快適。

  • Go To以外にも県や市が観光支援をやってくれて、県内であれば安く旅できる
  • ホテルや飲食店も集客のために割引キャンペーンをやっていて(県民限定のものも多い)、安くリゾート気分が味わえる
  • しかも、Go Toキャンペーンまで始まって、県外も安く旅行できるようになった

ほかの自治体で観光産業の依存度の高いところは似たり寄ったりかもしれませんが、新型コロナによって、地元で遊ぶのには快適な状況が整ったんですよね。

去年までであれば、夏場は遊びに行きたくても「人は多いし、値段も高いからなあ……」となってました(7,8月のハイシーズンは色々値上がりする)が、今年はそういうこともあまりないです。

沖縄に引っ越して、3年3か月が経ちますけど、今ほど、「東京から出て良かった」、「沖縄県民になって良かった」と思う時はないですよ。

東京のみなさんには申し訳がないんですけどねえ・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください